東京理科大学の工学部建築学科の公式サイトです。

建築学科のアーカイブDEPARTMENT

  • 建築学科の概要
  • 建築学科の歩み
  • 建築学科のアーカイブ

卒業論文β方式

2020

題目氏名

点・線・面の要素に着目した茶室内部意匠の構成の分析

蓮井 貴晴

3Dプリンタにおけるオープンデータの改変に関する研究
-家具の接合部を対象として-

磯野 笑美里

穿孔法による断熱性能現場測定法の開発

栄藤 仁

素材と空間の骨格エネルギーとCO2放出効率に基づく林雅子の建築作品の分析

小野瀬 貴大

多点同時微動測定に基づく損傷建物の床スラブと大梁の振動特性

ガク シキウ

連続観測記録に基づくSRC造建物の振動特性の常時変動

工藤 聖士

ハットトラス付き鋼架構の火災加熱時及び冷却時における挙動分析

村本 涼果

炭素繊維強化プラスチックを用いた塔状構造物の安全性に関する実践的研究
-有限要素法解析による構造安全性および接合部の実験検討-

青木 百花

鉄骨-木質合成壁構造の接合工法と曲げ耐荷機構に関する研究
~ホールダウン金物付きフラッシュエンドプレートの半剛接合工法~

浅野 潤也

業務用厨房におけるCFDを用いたガスコンロの捕集率予測に関する研究

飯田 貴大

アラミド繊維を用いた耐震補強部材に関する研究
-既存RC造建築物への適用-

五十嵐 由佳

現場実測、風洞実験、CFDを併用したウィンドキャッチャーによる通風促進効果に関する研究

石川 光太郎

地域特性を考慮したテレワーク(在宅勤務)の実施に伴うエネルギー削減効果に関する研究

磯本 万葉

実地盤上に設置された試験建屋における合板と鉄骨骨組によるハイブリッド構造の振動特性に関する実地研究

魚住 明彦

確率的勾配降下法を用いたフェールセーフ位相最適化の計算効率改善

梅村 幸央

H形鋼有孔梁の高温時における有限要素解析
~孔径・耐火被覆厚による耐火性能の差異~

浦田 隆史

相変化材料による温度上昇抑制型建材開発に向けた基礎的研究

遠藤 樹

鉄筋コンクリート造黎明期に建設された旧久米民之助邸洋館の構・工法に関する調査研究

遠藤 真路

鋼材量最小化問題における勾配降下法の性能評価分析

大熊 涼介

業務用厨房における改良乱流モデルを適用した熱上昇流のCFDでの再現性に関する研究

大澤 嵩生

鉛直荷重支持能力に関する骨組構造物の冗長性の判断傾向とファジィ推論モデル

大畑 朋也
森山 悠

一層一軸偏心構造物の捩れ応答制御

岡重 柚吾
岡野 孝洋

学校の中間期における窓・扉開放条件と自然換気量の関係に関する研究

沖田 佑実香

高機能繊維を用いた天井落下フェイルセーフに関する研究
-高機能繊維ロープの引張試験及び衝撃落下実験-

小野 裕昭

コンクリートの相対湿度と質量含水率の関係に及ぼす影響

影山 敬祐

波形鋼板の引張力伝達性能に関する研究
-引張角度をパラメータとした一軸引張実験-

加藤 大地

減衰を付加した制振天井の実用化に関する研究
-大地震時におけるオイルダンパーの制振効果-

萱場 淳利

コミュニティ•物理的住環境•個別対応性に着目した集合住宅の価値の分析

川俣 めぐみ

既存コンクリートブロック塀と組積造壁の崩壊防止補強に関する研究
-ポリウレア塗装とアラミド新素材を用いた試験体の破壊実験-

管 聡

既存街区における建物間熱融通の導入による省エネポテンシャルの検討

神原 詩穂

変位制御型ブレースとオイルダンパーを用いた鋼構造骨組のロバスト設計

岸田 澄雄

鋼構造平面骨組の鋼材量最小設計における強化学習の性能評価分析

久賀 隆矢

ジオポリマーの圧縮強度発現に及ぼす養生条件に関する実験的検討

黄 河

非定常塑性振幅を受ける曲げ系鋼製ダンパーの塑性発熱と熱伝導解析に関する研究

河野 瀬伊音

熱源機器の設計最適化における最大熱負荷の緩和効果の研究

後藤 醇

東京都心における児童遊園の空間的特徴
-東京都港区を事例に-

齋藤 大地

摩擦係数を数段階に設定した免震すべり支承の開発に関する研究
-摩擦係数の速度依存性及び固着を考慮した超高層建物の地震応答解析-

榊原 裕幸

天然ゴム系積層ゴムの簡易的な水平剛性算出方法の検討

坂本 琢哉
田村 海斗

高経年団地の新規交流機能に関する研究
既存の集会所との関係に着目して-

櫻井 雅也

骨組構造物の骨組耐力と耐荷機構の対称性と冗長性に関わる基礎的研究

笹原 大樹

層方向のラベル付けを行った鋼材量最小設計の深層学習

清水 理史
杉山 慶多

業務用厨房におけるガスコンロの熱上昇気流に関する研究

菅原 将生

扇風機を用いた一面開口時の換気効果と気流性状に関する研究

鈴木 雄登

システム建築工法による体育館施設の収容人員に応じた最適解特性分析

高橋 颯汰

関東大震災復興建築-旧相互無尽会社ビル-の調査研究

多賀 紀晃

動的定常濃度を用いた空気清浄機の空気齢測定に関する実験的研究

田口 遥樹

計測データと熱負荷計算プログラムを用いた空調設備運用時の外気導入量変更に伴う熱負荷の増減に関する研究

竹内 麻優

機械学習を用いたリアルタイム冷房負荷予測における学習データ量と予測精度の分析

武田 菜々

小型起振機を用いた床スラブの強制振動実験

竹本 彬人

非破壊試験による既存打放しRC造建築物の耐久性評価手法の提案

玉田 新悟

免震建物の動的応答に対する鉛プラグ入り積層ゴムの非線形復元力特性の影響

豊嶋 翔

駅開発が商店街に与える影響
-杉田商店街を対象として-

中崎 僚之介

開放型廊下等に設置されるガス機器からの排気拡散性状の再現性に関する研究

中野 沙紀

根津における路線価推移とリノベーション事例分布の関係性についての調査分析

中野 雄介

日比谷公園内に混在する洋風設計・和風設計についての研究
-平面計画・植栽計画・建築物に着目して-

中村 美波

異なる構造計算プログラムに対する逐次条件変更を用いた許容解探索法

中村 龍介

順序統計量により部材要素剛性の不確定性を考慮したトラストポロジー最適化

永井 宏

最小ノルム応力解析によるK型ブレース構造の崩壊モードと不満足度ノルムの関係

仁科 槙太朗

特定室の冷却能力最大化を目的とした窓開閉ロジック

新田 拓郎

特定室の換気量最大化を目的とした窓開閉ロジックの確立と実用性に関する研究

萩原 諒

CLTの劣化特性に関する検討

浜崎 岳

震災鉄骨骨組の補修後の崩壊モード制御のための切削補修法と塑性崩壊面に関する基礎的研究

平山 拓明

サーマルグリッドシステムの運用最適化と蓄熱槽導入の効果検討

深水 光

活動に伴う飛沫発生量とその捕集効率に関する研究

古澤 明里朱

版築と鉄骨部材による組積式合成構造の力学特性に関する基礎的研究
– 複数ユニット試験体に対する水平耐力評価 –

堀田 理花子

オフィス空間におけるCO2濃度分布に基づく感染リスク予測に関する研究

前島 崚人

東京理科大学新オフィスビルの常時微動測定に基づく振動特性に関する研究
-各建設施工段階の固有周期と振動特性に関する分析-

政水 俊哉

中央区月島の路地空間における三項道路指定制度と建て替え実態に関する考察

松本 大輝

建物地震リスクの簡易評価プログラムの開発研究
– J-SHISの地盤情報データベースを活用したPML評価と被災度応急判定評価 –

馬淵 圭輝

鉄筋コンクリート構造半固定柱脚に関する研究
-脚部の断面形状が非線形力学特性に及ぼす影響-

御前 大久海

鉄骨-木質合成壁構造の接合工法と曲げ耐荷機構に関する研究
~ダブルアングルタイプの半剛接合工法~

溝上 歩

コンクリートのひび割れ注入工法の性能評価に関する基礎的研究

村井 辰央

都心の高所景観に影響を与える要因の分析
~スカイラインと消失点に着目した分析方法を用いて~

森 大樹

構造用合板と鉄骨骨組によるサンドイッチパネルの水平載荷時の面外変形と補剛に関する研究

山下 凌雅

パラメータ同定を用いた熱負荷推定における精度向上に関する研究

山梨 智子

限界耐力計算を用いた耐震性能評価及び耐震改修計画に関する考察
-大町市美麻青具の古民家の制振補強事例から-

山本 玲

Isogeometric Analysisを用いた展開式膜構造の形態解析

楊 慧海

鉄筋腐食が進行した端島RC構造物群の延命処置方法の検討

吉村 涼太郎

丸の内オフィス街のファサードにみる装飾性の比較と街並みの考察
-大名小路・仲通り・日比谷通りを対象に-

和久田 仁美

版築ブロックの強度とデザインの関係

渡邊 毅

大学講義教室における窓開放条件と自然換気量に関する研究

渡辺 大瑛

<< 建築学科のアーカイブ一覧へ戻る

このページの先頭へ